CLINICS

CLINICS

これからの診察スタイル!オンライン診療

「CLINICSオンライン診療」システムを導入すると、事前に対面診療を行ったうえで、オンライン診療が可能だと判断すれば次回以降の診療をオンラインで対応できます。患者さんはCLINICSアプリ経由でオンライン診療の予約、オンライン問診の入力ができるので、隙間時間に予約が可能となります。ドクターとしても、事前に患者さんの診療目的や状態を把握できるのでスムーズに診療へと移れます。

そしてビデオチャット機能を活用してオンラインで診療を行います。PCに付属もしくは接続されたカメラを用いて患者さんとのやり取りをします。チャットのやり取り、診療に必要なファイルの送受信が双方向で行えます。

オンライン診療を活用することには、クリニック・患者さん双方にとって2つのメリットがあります。それは再診率向上と二次感染防止です。急を要する症状でない、リハビリや経過観察的な段階に入った場合など、人はどうしてもクリニックへ足を運ぶのを後回しにしがちです。予約の取りづらさ、クリニックでの待ち時間がネックとなっていることが少なくありません。

そのような原因を解決するのにオンライン診療は役立ちます。オンラインで予約をしたり診察が受けられたりすることで、クリニックで受診することへのハードルが下がります。また院内で過ごす時間が不要となれば、院内感染を避けることにもつながります。

予約から会計までオンラインで完結

生活習慣病のフォローアップ、経過観察、検査結果説明といった過程では、必ずしも対面での診察が必要ではないこともあります。また患者さん自身が重要度の低さを感じると、つい受診を後回しにしてしまいがちだと言われます。特に「働き盛り」に該当する世代20代~50代の人々にとって、クリニックの診療時間や受付時間に予定を合わせるのが難しいといった背景もあります。

そんな方々にとって、オンライン診療という選択肢は必要だといえます。CLINICSでは、予約、診察、そして会計に至るまで全てオンラインで完結します。明細書などはファイルアップロードをするだけなので、会計業務の効率化にもつながります。患者さんから予約が入れば、自動的に予約管理へ登録されますし、窓口清算が不要になるので、来院患者への対応業務にゆとりが生まれます。

開発元 株式会社メドレー
販売元 株式会社メドレー
機能 CLINICSアプリから診察予約
オンライン診療
クレジットカード決済
予約受付管理
スケジュール
ビデオチャット機能
メモ機能
診療メニュー管理
診察時間設定
決済管理
ファイル共有
オンライン問診
ラベル機能
スタッフ管理
宛名ラベル印刷機能
患者招待機能
セキュリティシステム
他システムとの提携の有無 CLINICSオンライン診療・CLINICS予約・CLINICSカルテ間でデータ連携可能
患者向けオンライン診療アプリ「CLINICS」
費用

初期導入費用:

要問合せ

月額費用:

要問合せ

この製品のクチコミ

心療内科・精神科でCLINICSのオンライン診療を取り入れています。中には通院されるのが難しい患者さんもいらっしゃいますので、自宅で受診できるという選択肢を患者さんに与えられるのは有効だと考えます。またCLINICSのシステムでは、クラウドでのデータ連携ができるので、予約管理にかかる手間が省けるなど、窓口業務の効率化にも一役買ってくれています。

経過観察、生活習慣の指導は患者さんにとって必要なものですし、医療従事者としての大切な仕事のひとつです。しかしながら、そのために都合を合わせて予約を取り、予約を取っても結局待ち時間が生じる、診療時間は数分程度。これではいくら患者さんにとって必要な過程だといってもクリニックから足が遠のくのは無理がありません。今後確実に高齢社会が進むと言われる中、オンライン診療という選択は一般的になってくるはずです。当院ではCLINICSのオンライン診療を導入したばかりですが、需要はあると感じています。

患者さんのニーズに応える形で、オンライン診療を始めました。都心にあるクリニックのため、診察時間や受付時間に関してはこれまでも比較的柔軟に対応してきました。ただそれではスタッフへの負担が増えること、またそれでも再診率については芳しくないということから、双方にとって効率の良い方法をと比較検討した結果が、CLINICSの導入です。予約も支払いもオンライン上で済ませられるので、不要な待ち時間がないということで喜ばれています。